【プーケット旅行4日目】プーケット島観光

シェアしてもらえると泣いて喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

2018年のゴールデンウィークに行ったプーケット旅行4日目の旅行記です!

この日はハイアーサービスを利用してプーケット島で有名なプーケットオールドタウンやパトンビーチ周辺などを観光しました。

幸運にもこの日も天候に恵まれてローカルな所からメジャーな場所までいろんな所を楽しめました。

そんなワケで今回も写真貼りまくりでお送りしますw

よろしけば過去記事”【プーケット旅行1日目】英語を通じて出会った外国人の女の子とタイ旅行を満喫した話】、”【プーケット旅行2日目】ルネッサンス・プーケット・リゾート&スパ滞在記”、”【プーケット旅行3日目】ピピ島ツアー”も合わせてお楽しみください(・∀・)

【関連記事】

今回はゴールデンウィーク(GW)に行ってきたプーケットの旅行記です。 3月にSNSで知り合った外国人の女の子がわざわざ私に会い...
プーケット旅行2日目です。 いよいよバンコクから今回の旅の目的地プーケットへ上陸です! この日は午前の便でバンコクからプ...
プーケット旅行3日目です。 この日は美しいビーチで有名なピピ島ツアーに参加してきました! ガンガン飛ばすスピード...

スポンサーリンク
レクタングル(大)




旅のスケジュール

本編に行く前にくどいようですが、今回の旅のスケジュールのおさらいです。

ゴールデンウィークを利用した4泊5日の旅程です。

3日(木):名古屋発→上海トランジット→バンコク着

4日(金):バンコク発→プーケット着

5日(土):ピピ島ツアー参加

6日(日):プーケット島観光→バンコク着 ←イマココ

7日(月):バンコク発→名古屋着

この日の夜の便でバンコクに戻る予定だったので、プーケット滞在は最終日となります。

天気が悪かったら行く当てもないなーと心配してましてがこの日も朝から快晴だったので当初の予定通りプーケット市内を観光することができました。

ルネッサンス・プーケット・リゾート&スパ

大好きなルネッサンス・プーケットとも今日でお別れです(´;ω;`)

8時ごろ起床して前日のディナーで食べきれなかったピザを朝食にいただきます。

結局レストランで朝食食べんかったな。。。

予定では10時に頼んでいるハイアーサービスがむかえに来るのでそれまでゆっくりパッキング。と言ってもあっと言う間に時間になりましたが(^_^;)

10時前にチェックアウト。

前日のピピ島ツアーで購入したDVDも無事届いてました!

正直、東南アジアということでみくびってましたw

チェックアウト時に前日のバースデーケーキのお礼を伝えました。驚いたのはチェックアウト時にケーキ代を請求されることもなかったことです( ̄▽ ̄)

これがマリオットのゴールドエリート会員のお陰かはわかりませんが、間違いなくまた来たいと思いました!

プーケット島観光

この日の予定はプーケット島で観光場所として有名なプーケットオールドタウンやパトンビーチに行くことと、プーケットに住んでる彼女の大学時代の友達に会うことでした。

この日の夜20時のフライトでバンコクに戻るので、それまで行き当たりばったりでプーケット島をぶらぶらしました。

タクシーよりお得なハイヤーサービス

プーケット島内の観光する際に問題になるのが移動手段です。

事前に調べたところ基本的に移動手段は車のみです。

そこで手段として上がるのはタクシーやGrabとなりますが、世界的に有名なリゾート地だけあって総じてお値段設定は高めです。(空港〜ホテルだけで750バーツ(2,500円くらい)が相場)

移動の度にタクシーを見つけるのはめんどくさいですし、場所によっては便利なGrabでもなかなか車が捕まらないらしい。。。

さらにスーツケースを持って人の多い観光地をさまようのは避けたいですよね。

そんなワケで今回は1日車とドライバーを貸し切るハイヤーサービスを利用しました。

私たちが行った時期だとガソリン代なども含めてだいたい2,500〜3,000バーツ(約10,000円)が相場でしたが、彼女が頑張って電話で値切ってくれて2,200バーツでちょっとお得に利用できました(・∀・)

むかえに来たドライバーは短パン姿のお兄ちゃん。のちに分かりましたがこのにいちゃんかなりやり手のプレイボーイでしたw

残念ながら日本語には対応してませんが、一応フェイスブックのページ貼っときますw

割高にはなりますが、同様のサービスを提供していて日本語対応している会社もあるようなのでいろいろ探してみることをオススメします。

ローカルカフェ Kopee Pae Jhong

むかえに来た車にスーツケースを積み込んでさっそく出発です!

車に乗り込んだところで私がコーヒー飲みたいって言ったら彼女がドライバーにオススメのカフェを聞いてくれてそこに向かうことに。

車でだいたい30分くらい走ったところで幹線道路から脇道を結構進んだところにあるかなりローカルなカフェに到着です。

これは普通の観光客は来ないわって場所でした(^_^;)

お店の名前は今ググって知りましたが”Kopee Pae Jhong”っていうみたいですw

よく見ると写真の左側に看板ありますね(^_^;)

正直オシャレなカフェを予想してたのでちょっとビックリしました。

おじちゃんとおばちゃんが経営してるかなりアットホームなお店です。

コーヒー入れてくれるところを動画撮らせてもらいましたが、けっこう面白いのでよかったらご覧ください(・∀・)

何入れてるのか不明ですが、ほんのり甘くて美味しかったです(。-∀-。)

ただアイスコーヒーより彼女が注文したアイスミルクティーの方がおいしかったのは内緒です。

悔しかったのでミルクティーはテイクアウトにしました。

残念ながら値段は忘れしまいましたが、1杯100バーツとかだったと思います。汗

タイ寺院 Wat Phra Thong

モーニングコーヒーの後はカフェから車で5分くらいの距離にある”Wat Phra Thong”というタイの寺院に行きました。

なかなか立派な寺院。

地元だと有名な寺院らしく、いきさつを彼女に説明してもらいましたが忘れましたw

初めての寺院参拝だったからかなぜか無駄に緊張しながらも彼女に教えてもらいながら無事参拝できました(^_^;)

参拝の様子も動画とったんですけど残念ながら保存するの失敗してしまいました(´;ω;`)

簡単に言うと、線香買ってお参りしてから線香と一緒に貰える金箔を仏像に貼るって感じでした。(ざっくり)

金箔貼ると徳がつめるみたいですね。

こんな感じで常に上書きされてるので仏像さんは金ピカみたいです。

ただ金箔が手にくっつくので手を洗いたくて仕方なかったですw

ローカルレストランでランチ

寺院参拝が終わる頃にはお腹もすいてきたのでプーケットタウンに行く前にドライバーのにいちゃんオススメのレストランで昼食を食べることに。

場所なんですが残念ながらGoogleのタイムライン機能がうまく機能していなくて、わからずじまいでした(´;ω;`)

かわりと言っちゃなんですが、レストランに行くまでの道中の様子をインスタのタイムラインからどうぞ。笑

以前セブ留学した時のタクシーと違って、こんな感じで安全運転なんで安心感がありますw

あと動画の通りドライバーのにいちゃんはずっと彼女とタイ語で話してました。

彼女によると、今でもたまにSNSでメッセージが来るらしくプレイボーイぶりを発揮していました。笑

で、なんだかんだでレストランに到着。

こんな感じで好きな料理を選ぶスタイルです。

正直レストランって言うよりローカルの定食屋さんって雰囲気です。

タイ料理の怖いところは赤くなくても辛いところですw

そんなに辛いの得意でない私は、彼女にどれが辛くないかきいて料理を選びました(^_^;)

そんな選び方したらあんまりインスタ映えしないチョイスになってしまいました。汗

味の方はなかなかおいしかったです(・∀・)

正直次の日お腹こわさないか不安でしたが、別になんともなかったです。

昼食はドライバーのにいちゃんの分も出してあげました(。-∀-。)

値段は3人で300バーツ(1,000円くらい)いかないくらいだったと思います。

プーケットオールドタウン

お腹が膨れたところでやっとこさ本来の目的地プーケットオールドタウンにむかいます。

オールドタウンはプーケット島の南東に位置する旧市街で、鮮やかな色の建物が並ぶストリートやマーケットが有名なほか、最近はストリートアートでも有名な場所みたいです。

そんなワケであてもなく散策します。笑

うまく撮れず申し訳ありませんが、こんな感じで道路に面して色とりどりの建物が並んでます。

お土産やさんが立ち並んでいてショッピング楽しんでる観光客が多かったですね。

特に土産物なんかに興味ない私は基本スルーでドライバーのにいちゃんの案内で進むとお目当のストリートアートが見えてきました。

有名なインスタスポット?みたいで写真とるためにちょっとした順番待ちみたいになってました。

この隣にも壁画が描いてあったんですがそっちは不人気でしたw

こっちが不人気な方。

個人的にこっちのが好きでしたw

ストリートアートを楽しんだ後はドライバーのにいちゃんに連れられてオススメのローカルスイーツの屋台を目指します。

かき氷的なやつ。

中には寒天みたいなのが入ってたりしてあんみつっぽい感じです。

日本のかき氷と比べるとかなり味がうすかった…。

お腹痛くならないか心配しながら食べましたが、なんともなかったですw

食べ終わったところで車に戻って、私のリクエストであるパトンビーチを目指します!

パトンビーチ

パトンビーチはオールドタウンからだいたい30分くらい。

距離は14キロぐらいですが、軽く山越えみたいな感じでした。

パトンビーチはプーケット島で一番有名なビーチです。

と言ってもビーチが綺麗ってワケではありません。

もちろんこんな感じでビーチで遊んだりパラセーリングなどのマリンアクティビティも楽しめます。

ただパトンビーチはそれ以上に、周辺にあるバーやらクラブなんかのナイトライフを楽しみたいパリピが集う場所として有名です。

なので私とはあまり縁ないとこですねw

とりあえずぶらっと散策しましたが、やたらとタトゥーショップがありましたね。旅行でハイになってる観光客狙いなのかしら?

ただ、あてもなくぶらつくには暑すぎてすぐにギブアップ。

事前に約束していたプーケットに住んでる彼女の大学時代の友達と会うために待ち合わせ場所であるジャンクセイロンというモールへ向かいます。

ジャンクセイロン

ジャンクセイロンはかなり大きなモールで日本のイオンモールとかとほぼ変わらない感じです。

とりあえず彼女の友達が来るまで時間があったのでそこらへんのお土産やさんでお馴染みのドライマンゴーやらなんかを購入。

ドリアンキャンディーにも惹かれましたが自重しました。

そうこうしてるうちに彼女の友達とその彼氏が登場。

彼氏がオーストラリア人でちょっとビビったのは内緒です。

オープンカフェでおしゃべりしたわけですが、彼女と友達はタイ語でガールズトークで盛り上がっており、頑張って彼氏と英語でおしゃべりしました。笑

彼はサーフィンが好きらしくこっちで英語教えながら暮らしてるみたいです。

ネイティブとお付き合いしている彼女も当然英語お上手でした。発音綺麗だったわー。

彼らと別れてからドライバーのにいちゃんと合流。私のリクエストであるタイマッサージへ。

タイマッサージ Kim’s Massage & Spa

ジャンクセイロンを後にしてからは、ドライバーのにいちゃんオススメのマッサージ屋さんのあるオールドタウンまで戻ってきました。

Kim’s Massage & Spaっていうお店で、オールドタウンに数店舗あります。今回行ったお店は向かいにもう1店舗あって、”ファミマの向かいにファミマ”みたいな状態でちょっとツボでした。(マッサージだけに)

フリーWi-Fiもあっていい感じです。

トリップアドバイザーの評価も高いのでオススメです。

1時間300バーツ(約1,000円)と安いのも魅力的ですね(・∀・)

まずはこちらで足を洗ってもらいます。

ちょっとくすぐったのがくせになります。

終わったらこちらのマットレスで全身マッサージしてもらいました。

彼女も隣でマッサージしてもらってましたが、途中彼女が苦しくて声を上げる度にみんな笑ってましたw

初めてのタイマッサージですが見事にバキバキされてスッキリしました^^;

マッサージ終わるとドライバーの運ちゃんが勝手にマッサージチェアに座ってくつろぎながら待ってましたw

いくらか紹介料もらってんのかな?笑

マッサージ終了後は20時発のフライトに間に合うようプーケット国際空港へ向かいます。

プーケット国際空港

バンコクまでの帰りの便も行き同様にベトジェット。

なぜか行きの時より重量増えてて制限の15kg超えてたけど余裕でセーフでした。(アウト)

搭乗開始が予定より結構遅れましたが無事に出発。

夜ご飯を食べてなかったので機内でカップラーメン食べたんですけど、これかなり美味しかったです!

辛いんですけどくせになる味でした。

カップラーメン以外のミールもその場でお金払えば食べれました。

この点は事前に予約しないと食べれないセブパシフィックと違っていいですね。

まぁ次乗るときもこのカップラーメン食べるだろうけどw

翼よ、あれがバンコクの灯だ。←言ってみたかった

そんなわけで1時間ほどのフライトでバンコクのスワンナプーム国際空港に到着。

空港到着後は、彼女が手配してくれたリムジンバスに乗ってホテルまで向かいます。

スワンナプーム スイート (Suvarnabhumi Suite)

この日はスワンナプームスイートというホテルに泊まりました。

なんだかんだ到着したのは23時近く。

空港から約10分くらいと立地は文句なし。

で、申し訳ないですが到着時にすでに疲れ果てており部屋の写真などを撮るのを忘れてました。

結論から言えば、初日に泊まったヴィスマヤ スワンナブーム ラグジュアリー リゾートの圧勝ですね(´-ω-`)

部屋もヴィスマヤ〜に比べると狭いですし、バスタブなしのシャワーのみ。まぁそれでも十分なんですけどね。

同じ価格帯なので、こちらのホテルはまぁ利用しないかな。

別にこのホテルが悪いってわけではないので悪しからず(^_^;)

で、疲れ果ててたので次の日のパッキングなどを済ませてそうそうに就寝。

Learning English is a long journey. Sometimes I get really exhausted. But I’ve already known how interesting it is.

That’s why, I am learning English.

スポンサーリンク
レクタングル(大)




シェアしてもらえると泣いて喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)