TOEICで600点突破に3年以上かかった俺が紹介する読むべき3つの厳選ブログ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はタイトル通り、「TOEICで600点突破するのに3年以上かかった私が早くから見ておけばよかったと思う3つのブログ記事」をご紹介します。

「TOEIC スコアアップ 勉強法」とかでGoogle先生に聞くと、「1ヶ月で…」、「誰でも…」みたいなサイトがたくさんヒットしますが、正直そんな簡単じゃありません

私自身それらのサイトをみて勉強しましたが、結果的に日本人の壁といわれる600点を突破すのに3年以上を費やしました

その中で、私自身が非常に有益、もっと言えばその後の人生を変えたと言っても過言ではない3つのブログ記事をご紹介します

ちなみに私は英語の勉強初めて3年で1,500時間ほど投資しましたが、それまではTOEICの対策を一切しませんでした。

今思えばそれが苦しむ理由だったんですが、会社で半年ぶりに受けたTOEICが500点ほどで全く上達してなかったのをきっかけに勉強法をTOEICに絞って学習しはじめました。

そこらへんの話は”いままでのTOEICスコアからスコアアップと勉強時間の関係について考えてみる“という記事にも書いてますのでよろしければご覧ください。

1. 【TOEIC】点数を伸ばすために最も大切な「勉強時間」という考え方

まずはじめは”【TOEIC】点数を伸ばすために最も大切な「勉強時間」という考え方“という記事です。

この記事はTOEICでスコアアップするために大切な要素である「勉強時間」の考え方を紹介しています。

執筆者の柴田 はるじぇー @HAL_Jさんは「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」という本を執筆されている方なのでご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

現在は、フィリピンのセブで有名なESL(English as a second language)スクールのサウスピークという学校の英語学習アドバイザーをされているようです。

ちなみにサウスピークはTOEICに特化した学校のようで結構評判が高いです。私の後輩も実際に短期留学しましたが、かなり気に入みたいです!

ちなみに私はBrightureという学校に2度短期留学しました。

【フィリピン・セブ留学】Brightureをオススメする7つの理由!”という記事に詳細がありますので興味あればそちらの記事も覗いてみてください(・∀・)

ブログ記事との出会い

話が脱線してしまいましたが、この記事に出会った時期は正直記憶がありません。(爆)

結構初期に見た気がします。具体的には500時間勉強してないくらいだと思います。

冒頭にも書きましたが英語の学習っていうとなぜか、「聞き流すだけ~」やら「たった×ヶ月で~」みたいなうたい文句を多く見かけるワケですが、正直これって初心者には害悪でしかないと思っています。

これらの宣伝文句を鵜呑みにした挙句、全然伸びない自分に嫌気が差して英語学習からフェードアウトするパターンってすごい多いと思うんですよね。

その点、このサイトは“英語を学習する”という行為がどれだけの時間的投資が必要か?という事を簡潔に教えてくれています。

英語を身につけるために必要な時間

さて、もしあなたがTOEICの点数が伸びないと悩んだならば「自分はいったい何時間TOEIC試験の勉強をしたのだろうか」ということを自問してください。1日3時間勉強して、3ヶ月経ってもろくに成果が出ないと悩んでいる人がいるとしたら私はこういうアドバイスをします。「あなたの勉強時間はまだ全然足りません。」と。そしてまた1日3時間勉強して、6ヶ月経ってもろくに成果が出ないと悩んでいる人がいるとしたら私はこういうアドバイスをします。「あなたの勉強時間はまだ全然足りません。」と。

引用先:【TOEIC】点数を伸ばすために最も大切な「勉強時間」という考え方

実際のブログ記事からの引用ですが、なかなかパンチが効いてますよね。

1日3時間6ヶ月勉強した場合、学習時間は

3時間 × 30日 × 6ヶ月 = 540時間 となります。

それでも全然足りないのです。つまり英語を身につけようと思ったらそれを遥かに凌ぐ時間を英語学習に費やす必要があるのです。

これはこれから英語を学習しようとしている人は知っておくべき事実のひとつだと思います。

厳しい現実ですが、それくらい投資する意志がないと”英語を使える”ようにはなれないと思います。

私自身、この記事を書いてる時点(2017年10月)で4,500時間ほど投資しています。それでも英語を使えるとはとても胸をはって言えません。

米国人が日本語を「日常的・専門的コミュニケーションにほとんど不自由がない程度まて習得したレベル」に達成するために必要な学習時間は「3,800時間=2200時間(授業時間)+1600時間(自習時間)」です。さて日本人が英語を同じ「日常的・専門的コミュニケーションにほとんど不自由がない程度まて習得したレベル」に達するまでどれくらいの時間がかかるでしょうか。おそらく同様に「3,800時間」くらいはかかると思います。私の感覚としてはそれよりは少ないと思いますが、それでもやはりそれなりの時間を勉強しなければならないと思います。ここで再度繰り返しますが、点数を伸ばしたい方はとにかく勉強して下さい。勉強せずに点数は決して伸びることはありません。

引用先:【TOEIC】点数を伸ばすために最も大切な「勉強時間」という考え方

再度、引用ですが米国人が日本語を習得するのには「3,800時間」必要と言われているようです。

残念ながら私はそれ以上、英語勉強していてまだまだ勉強が必要みたいです。(涙目)

勉強時間という面から自分の進捗度を測る意味でも、勉強時間を記録することは非常にオススメです。

一番難しい?英語学習を継続する7つのコツ!“という記事でも書いてますが、学習を継続させる意味でも勉強時間を記録するのは有効だと思います。

この記事にあるとおり、もし英語が思うように上達しないと思ったときでも、端的に言って量が足りていないと分かっておけば、必要以上に落ち込むことを防げるのではないでしょうか。(凹まないとは言ってない)

そんなワケで、是非目を通してみてください。

【参考サイト】【TOEIC】点数を伸ばすために最も大切な「勉強時間」という考え方

2. TOEIC600点突破に二年掛かった俺が選ぶ、勉強を始める前に読んでれば良かったと思うエントリー5つ

お次は、”TOEIC600点突破に二年掛かった俺が選ぶ、勉強を始める前に読んでれば良かったと思うエントリー5つ“という記事です。

勘の鋭い読者の方ならお分かりの通り、今回の記事タイトルは思いっきりこのサイトにインスパイア(パクリとも言う)されてます。笑

ブログ記事との出会い

このブログ記事は私が思いっきり壁にぶち当たってた時に勉強法を再構築するために、インターネットで勉強法を探している時に出会ったサイトです。

残念ながら更新が滞っており、その後この管理人さんがどうなったのかはわかりませんが、書いてある内容からこの方も苦労しながら600点を突破したのがよく分かります。

余談ですが、私が参考にしているウェブサイトは大きく分けて2つに分けられます。

1つは英語できるのが目に見えて分かる人のサイト。これはTOEIC満点ホルダーや有名講師の方とかのサイトですね。

もう1つがいまご紹介しているような、めっちゃ苦労しながら英語勉強してる人たちのサイトです。

前者は文法項目などを調べる際に参考になる反面、ちょっと英語力の次元違うしすご過ぎて参考にならない時などもあります。苦笑

そういった時には、やはり後者の方のように壁にぶつかった時にどうやって克服したか書いてあると非常に参考になります。

中には眉唾物で変なサイトもありふれてる昨今、こういった自分の失敗経験などをシェアしてあるサイトは信用に足るものだと勝手に思っています。

TOEICスコアをあげる”正しい勉強法”

すでに触れたように、この管理人さんも二年ほどTOEIC500点台をさまよっています

タイトルのままなんだが、俺は昔TOEIC500点台で二年ぐらいウロウロしていた。
600点の壁の突破をしてからはトントン拍子で点数が上がり、今は一応800点台後半ぐらいはある。

引用先:TOEIC600点突破に二年掛かった俺が選ぶ、勉強を始める前に読んでれば良かったと思うエントリー5つ

私の場合3年なので、私より1年早く気づいたこの方は間違いなく私より賢いわけで、大いに参考にさせていただきました。(遠い目)

最も役に立ったのは、TOEIC高得点者の勉強法から共通点をみつけ、それを実践してご自身も結果を出している点です。

■正しい勉強法
凡人の頭でこの壁を破るには、この技が身に付く勉強法に偶然たどり着くか、誰かにその技の身に付く勉強法を教えて貰うしかない。俺の場合金銭的時間的に独学しか手段がなかったので前者に当たるんだが、正しい勉強法にたどり着くと壁を破るのはとても容易い。

引用先:TOEIC600点突破に二年掛かった俺が選ぶ、勉強を始める前に読んでれば良かったと思うエントリー5つ

常々言ってますが、勉強法に正解はありません。結果が出た勉強法が正しい勉強法だと思ってます。

それでも最大公約数的に、多くの人に有効な勉強法があることも確かです。このサイト内ではその勉強法を”正しい勉強法”と称して紹介しています。

サイト内でリンク切れがあるのが残念ですが、TOEICで「600点越え」という壁にぶつかってる方には是非読んで欲しい記事です。

ちなみに記事内で紹介されているDUOを使った勉強法はTOEIC向けではありませんので、あしからず。(体験済み)

【参考サイト】TOEIC600点突破に二年掛かった俺が選ぶ、勉強を始める前に読んでれば良かったと思うエントリー5つ

3. TOEIC900点&英会話上達をめざす!Enjoy Life in English!

最後にご紹介するのはブログ記事というよりはブログ自体になってしましますが、”TOEIC900点&英会話上達をめざす!Enjoy Life in English!“という英語学習法まとめブログです。

私がTOEIC900点取る上で、もっともお世話になったといっても過言ではない非常に有意義なブログサイトです。

TOEICをはじめとした英語学習法をレベル別、目的別に体系的にまとめてある素晴らしいサイトだと思います。

管理人のツウさん@tsukun777とは、実際にお会いしたこともありますが、非常に謙虚で私のような英語学習の迷えるTOEICerを導いてくれる優しいお方です(・∀・)

もうバレてるかも知れませんが、私のこのブログ自体は”Enjoy Life in English!”の影響を多分に受けております(^_^;)

サイトとの出会い

このサイトと出会ったのは上でご紹介した「TOEIC600点突破に~(長いので省略)」内のDUOを使った学習法を実践したところ、「これめっちゃ時間かかるわ…(愕然)」と思ったタイミングでした。

再度TOEIC向けの学習法を調べたところ、このサイトと出会いました。

ぶっちゃけますと、”TOEIC 800点台に到達された読者さん Part 2”の記事内の「164」という輩が私です。

上記の記事内にあるとおり、ツウさんのサイトを参考にすぐに「究極の模試」を買って紹介されている通り学習したところ半年せず800点を突破しました。

【関連記事】”いままでのTOEICスコアからスコアアップと勉強時間の関係について考えてみる

TOEIC対策の総合病院

私が勝手言ってるだけですが、TOEIC対策において”TOEIC900点&英会話上達をめざす!Enjoy Life in English!“を超えるサイトはないと思っています。

もちろん素晴らしいサイトは他にもたくさんありますが、1つのサイトでこれだけの情報量をカバーしているのはこちらのサイトを置いて他にないと思います。

初心者レベルから満点を目指すようなレベルの方向けにわかりやすく勉強法やオススメのテキストを紹介していますし、最新のテキストのレビューなど有意義な情報が盛りだくさんです。

私も苦手なリーディングを克服するためにいろいろ参考にさしていただきました。

ツウさん自身も熱心な英語学習者の一人ですし、いまだに熱意を持って学習を継続されています。

その中で自分が気づいたことや失敗談などを積極的に発信されています。それらの情報は説得力がありますし、有益な情報だと思います。

さらに言えばTOEICに留まらず、英検や英会話などでも使える情報がたくさん掲載されていますので是非一度覗いてみてください。

【参考サイト】”TOEIC900点&英会話上達をめざす!Enjoy Life in English!

まとめ

今回は私がTOEICのスコアを伸ばす上で役に立った3つのブログ記事をご紹介しましたが、いかがでしたか?

持論ですが、英語に限らず何事においても目的を達成するためには「正しいやり方で必要な質と量で努力する」事が必要だと思っています。

努力する方向を間違えるとそれこそ「山で魚釣りする」「海で山菜とりする」みたいなワケわかんない事態に陥ってしまいます。(余談ですが、日本人はこういう徒労を”努力”と誤解しがちだと思います。)←どうでもいい

そういう意味で、今回ご紹介したサイトは目的地への行き方を示唆してくれる有意義なサイトだと自負しています。

少しでも参考になったのでしたらうれしい限りです。これからも私もこれらの記事の様に、英語学習のお役に立てるブログサイトを目指していきますのでよろしければお気に入り登録などお願いします!

それでは!

Learning English is a long journey. Sometimes I get really exhausted. But I’ve already known how interesting it is.

That’s why, I am learning English.

Follow me!