壁にぶち当たって落ち込んだ時に励まされた7つの英語の名言

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は私が心折れそうな時に励まされた英語の名言をご紹介したいと思います。

この記事がアップされている頃には、これを書いている人(私です)がフィリピン留学で絶賛苦しみ中だと思うので、自分自身を励ます意味でも書いてます。笑

言霊というようにやっぱり言葉には不思議な力があると信じている人間です。

そんな私が思い通りに力が伸びず、心が折れそうな時に大いに励まされた名言たちです。

みなさんも何か感じるものが少しでもあれば幸いです。

ちなみに日本語など私が訳したものがあるので、少しおかしな部分があるかも知れませんがその点ご容赦ください(^_^;)

1. “There is a will, there is a way.”

“There is a will, there is a way.”

“意志があるところに、道はある”

– 出展不明 –

まずはメジャーどころから。

結構有名な英語のことわざなのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

”為せば成る”とも意訳されてる場合もありますが、道は作ってもらうのではなく自ら切り拓くものだという意味の力強い言葉ですね。

ちなみに昔通ってたスポーツクラブにこれをもじった表現が書いてあるのを見たときに複雑な気持ちになったのは内緒です。

2. “I am not concerned you have fallen. I am concerned you arise.”

“I am not concerned you have fallen. I am concerned you arise.”

“あなたが転んでしまったことに関心はない。そこから立ち上がることに関心があるのだ。”

– Abraham Lincoln (エイブラハム・リンカーン) –

これは私の1番のお気に入りと言っていい言葉です。

出典はアメリカで「最も偉大な大統領」の1人に挙げられているエイブラハム・リンカーンです。

失敗した時にどのように振る舞うかで人生は大きく変わります。その時に立ち上がる事の大切さを教えてくれる言葉です。

私自身、3年以上英語を勉強してきてTOEICの点数が伸びなかった時にこの言葉を知り大いに救われました。

ちなみに奴隷解放で有名なリンカーンですが、ネイティヴアメリカンに対しては厳しい迫害をしていたことを知った時に複雑な気持ちになったのは内緒です。

【参考サイト】

3. “Love the life you live. Live the life you love.”

Love the life you live. Live the life you love.”

“自分の生きる人生を愛せ。自分の愛する人生を生きろ”

– Bob Marley (ボブ・マーリー) –

これはレゲエの神様として名高いボブマーリーの名言。

シンプルながら韻を踏んだ心地よい表現はさすが世界的なアーティストといったところですね(評論家気取り)

短くも人生の意義を謳ったすばらしい名言だと思います。このような人生を生きたいものです。

彼は音楽で平和を実現した稀有な存在です。自らの命を狙われながらも祖国の平和のために尽力したジャマイカの真の英雄です。

余談ですが私のiPadにはこの言葉が刻印されています。まぁ普段はカバーしてるんで見えないんですけど。笑

ちなみに名曲「No woman, No cry」がブロークンイングリッシュと知った時に複雑な(以下略)。


【参考サイト】

4. “Failure is only the opportunity more intelligently to begin again. There is no disgrace in honest failure; there is disgrace in fearing to fail.”

“Failure is only the opportunity more intelligently to begin again. There is no disgrace in honest failure; there is disgrace in fearing to fail.”

“失敗とはもう1度、前よりもっと懸命にはじめるための機会に過ぎない。誠実にしていて失敗しても恥じることはない。恥ずべきは失敗を恐れることにある。”

– Henry Ford (ヘンリー・フォード) –

これは「自動車の育ての親」と評されるヘンリー・フォードの名言です。

実はこの言葉が彼のものとは知りませんでした。

最初にこの言葉を知ったのは超絶苦しまされた大学受験の名著、英文解釈教室(215ページ)で見かけた時でした。そこには出典が記載されていなかったので、今回この記事を書くにあたり調べたところフォードの言葉だったと知りました。

古い英語が使われているので少々難解かもしれませんが、リンカーンの名言同様に失敗から学ぶ事、立ち向かう事の大切さを教えてくれる名言です。

「誠実な失敗には何も恥じることはない」この言葉にはとても励まされました。

逆に言えば失敗を恐れ挑戦しないこと、努力を怠った不誠実な失敗は大いに恥じるべきという事も教えてくれる非常に示唆に富んだ言葉ではないでしょうか。

ちなみにフォードが反ユダヤ主義と知った時は(もういい)

【参考サイト】

5. ”You have to fail, and I do not succeed.”

Embed from Getty Images

”You have to fail, and I do not succeed.”

”失敗しなくちゃ、成功はしないわよ。”

– Coco Chanel (ココ・シャネル)-

これは世界的なファッションデザイナー、ココ・シャネルの言葉です。

彼女の人生も波乱万丈であり、その成功は並大抵の努力で成し遂げられたものでないことは想像に難くありません。

特にこの時代は女性の社会進出について今以上に逆風が強かったにも関わらず、それまでの価値観を覆すためにどれだけ多くの失敗を重ねてきたかという事をこの言葉は現している気がします。

「失敗ない成功などない」ということを短いながらも的確に教えてくれる言葉です。

【参考サイト】

6. ”Never underestimate what you can accomplish when you believe in yourself. Never give up.”

”Never underestimate what you can accomplish when you believe in yourself. Never give up.”

”自分自身を信じるときに、決して成し遂げられることを低く見積もってはいけない。絶対に諦めるな。”

– Arthur Boorman (アーサー・ブアマン)-

これはYouTubeで見つけたある動画からの引用です。

私はヨガやってるんですけど、たまたまヨガ関連の動画漁ってる時に見つけたのがこの動画です。

ベトナム戦争でパラシュート部隊として従軍した男性が、度重なるパラシュート降下によって膝や腰を痛め歩けなくなり、その後の人生を自暴自棄になって生きていました。

しかしある時ヨガと出会い、懸命に取り組んだ事でその後の人生を変えていくというものです。

ヨガを始める前と始めてからの彼の変わりように驚くとともに、失敗してもなお挑戦する彼の姿に胸が熱くなること請け合いです。

キャプションも簡単な英語で分かりやすいのでぜひ動画もご覧ください。

【参考サイト】

7. “When you face adversity, your nature is tested.”

“When you face adversity, your true nature is tested.”

”逆境の時こそ、人の真価が問われる。”

– English seeker –

これは、TOEIC340点から独学で900点を取った某英語学習者の言葉です。

まぁお寒い冗談はさておき、”逆境でこそ人の真価が試される”と思ってこれまで生きてきました。

私自身は別にたいそうな事を成し遂げたワケでも、立派な人間でもありません。(セブに来ると本当にそう思います。)

これから先も幾度となく失敗するであろう自分の人生を逆境に立ち向かうことで少しでも変えられるように生きていきたいと思います。

まとめ

今回は私が苦しいときに励まされた英語の名言をご紹介しました。

改めて自分のお気に入りの言葉たちを振り返ってみると、”失敗を恐れない”という共通点があることに気づき私自身新しい発見がありました。

英語学習に限らず、人生は困難の連続です。

その時にどんな行動をするかがとても大切だと思っています。

どしゃぶりの雨でも止まない雨はありません。

その先の虹をどんな気持ちで眺めるのか。

決めるのは他の誰でもない私たち自身です。

つらい時の支えになる言葉はみなさんあると思いますが、その言葉を胸にこれからも頑張りましょう!

Learning English is a long journey. Sometimes I get really exhausted. But I’ve already known how interesting it is.

That’s why, I am learning English.

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする